子育ての新常識!託児所を利用しよう。

>

より充実した日々を送るために

保育園、幼稚園との違い

託児所とはそもそもどのようなものを指すのでしょうか?
託児所は乳幼児を保護者から預かり、保育する施設のことです。
デパートやイベント会場から保育園のように継続的に預かるものから、一時的に預かる所も託児所と呼ばれます。
それでは、保育園や幼稚園とは何がちがうのでしょうか?

保育園の定義とは、児童福祉施設のひとつで、保護者が労働・疾病などのために保育できない学齢以前の乳幼児を、保護者の委託をうけて保育する施設です。
先生は国家資格の保育士資格が必要となります。
一方幼稚園は学校教育法による学校の一つで、満三歳から小学校就学までの幼児を対象とする教育機関です。
幼稚園は文部科学省が所管しており、保育園は厚生労働省が所管しています。

サービス内容

では実際、託児所ではどのようなサービスを受けることができるのでしょう?
託児所は先ほど説明した通り、様々な種類のものがあります。
託児所で働いている方は基本的には保育士資格は持っていないということを忘れないようにしましょう。

基本的には、母親の代わりをしてくれます。
例えば、おむつを替えたり、ミルクをあげたり、おやつをあげたり、遊んであげたりしてくれます。
託児所の種類が短時間預かってもらうのか、一定期間継続して預かってもらえるのかなどによってサービス内容も変わってきます。
短時間のサービスだと、アレルギーなどの問題は命にかかわってくるので、おやつだけでなく飲み物を待ってきてくださいというところが多いです。


この記事をシェアする